josef_zenchanの受信ログとQSL(受信確認証)などのレポート

放送局、業務局などの受信状況と放送内容、受信確認証(QSL/ベリカード)、その他関連する物を画像とともに紹介します。



Radio Free Asia 2008年4月23日 ラオス語放送受信分QSL

ラジオ・フリー・アジア ハインリヒ・ヘルツ
ラジオ・フリー・アジアQSL



2008年4月23日 0000UTC(0900JST) 15690kHzでスリランカ送信のラオス語放送を受信したRadio Free AsiaのQSL(受信確認証)

受信当日Web上のフォームで受信報告を送り5日後の28日に返信を受け取り。
ワシントンDCより4月23日の消印



スポンサーサイト

テーマ:BCL - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/04/28(月) 16:38:59|
  2. 海外放送局のQSL(受信確認証)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Radio Free Asia 2008年4月22日ラオス語放送受信分QSL

ハインリヒ・ヘルツ RFA ベリカード
Radio Free Asia Lao


2008年4月22日 0045UTC(0945JST) 15545kHzでラオス語放送を受信したRadio Free AsiaのQSL(受信確認証)

受信当日Web上のフォームで受信報告を送り6日後の28日に返信を受け取り。
ワシントンDCより4月22日の消印

なお、言語名はデータ欄にLaotianとあるのでラオス語としました。
英語でLaoならラオ語、Laotianならラオス語とするのが順当だと思うからです。

なお、デザイン面側の説明文上の英語での言語表記はLao, オンラインの受信報告フォームでもLaoとなっています。
またオンライン受信報告フォーム他言語の表記では、ビルマ語は(Burmese/Myanmar), カンボジア(クメール)語は(Cambodian/Khmer)の併記となっています。
Radio Free Asiaのオンライン受信報告フォームでは標準中国語はMandarinのみですが、他の放送局のオンラインフォームではMandarin/Chineseの併記の所があった記憶があります。

テーマ:BCL - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/04/28(月) 16:33:25|
  2. 海外放送局のQSL(受信確認証)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Radio Free Asia 2008年4月22日 ビルマ語放送受信分QSL

Radio Free Asia Burmese QSL
Radio Free Asia 13820kHz Burmese


2008年4月22日 0930JST(0030UTC) 13820kHzでスリランカ送信のビルマ語放送を受信したRadio Free AsiaのQSL(受信確認証)

2008年4~6月の受信報告に対するQSL(受信確認証)
ラジオ(無線通信)の発明者ハインリヒ・ヘルツ(1857-1894)
 現在の無線や電源の周波数の単位として使われるヘルツ(Hz)は彼にちなむ。

受信当日Web上のフォームで受信報告を送り6日後の28日に返信を受け取り。
ワシントンDCより4月22日の消印

テーマ:BCL - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/04/28(月) 16:19:28|
  2. 海外放送局のQSL(受信確認証)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

josef_zenchan

Author:josef_zenchan
Let the bright Seraphim in burning row,
Their loud, uplifted angel trumpets blow.
Let the cherubic host, in tuneful choirs,
Touch their immortal harps with golden wires.

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する





Flag Counter